アルクの英語などの通信講座を管理人が受講してみて、感じたことと体験談をまじえて紹介しています。

スペースアルク的通信講座de Make it!/アルクの体験記 > 語学学習を成功させるために・・・ > 細切れ時間を活用する

語学学習を成功させるために・・・

細切れ時間を活用する


スポンサードリンク




語学学習を続けていくのが難しい理由の一つに時間がなかなか取れない、ということがあります。
たしかにまとまった時間を取るのはたいへんかもしれません。でも、毎日の生活の中で10分とか15分くらいの空き時間はそれなりにあるのではないでしょうか。

学習を継続するには、10分くらいの細切れ時間を使うことが大事だと思います。1回1回はそんなにたいしたことが無いように思えるかもしれません。しかしこの短い時間が毎日積み重なっていくといつの間にかかなりの時間になっているものです。

この時間の使い方ですが、まずは10分くらいでどれくらい学習が進むかしばらく試してみてください。割合は少ないと思いますが、中には細切れ時間だけで学習を続けている人もいるようです。

私の場合は、細切れ時間だけだと、途中で止めざるを得ない感覚がどうもしっくりこないので、自宅で30分から1時間しっかり取り組んだことの復習や見直しに使っています。
例えば、ラジオ講座のその日の分を自分なりに時間をかけて理解したものを、10分くらいの細切れ時間にテープを聞きながら声に出したり、テキストの英文を音読したりしています。すでに一度自分自身の中にインプットしている内容なので、短い時間でも集中して正確に復習できるので充実します。
復習の回数が多ければ多いほど定着していきますから今では細切れ時間の活用は欠かせません。

しばらく試してどうだったでしょうか。短時間でも十分に集中できた、と感じることが出来たのなら新しい内容の学習も可能かもしれませんね。
もし、短時間ではなかなか集中するのが難しい、調子が出る前に10分たってしまった、という感じであれば、私のように既に学習したことの見直しに充ててみてはどうでしょうか。

単語学習に使ってみたり、文法書を読むのに使ってみたり、それぞれにあった細切れ時間の使い道があるはずです。
すぐに効果は現れないかもしれませんが必ず効果を実感できる日が来ると思います。自然とできるようになれば最高だと思います。
どんな小さなことにでもいいのでぜひ活用してください。


スポンサードリンク