アルクの英語などの通信講座を管理人が受講してみて、感じたことと体験談をまじえて紹介しています。

スペースアルク的通信講座de Make it!/アルクの体験記 > 語学学習を成功させるために・・・ > 辞書を用意しておきましょう

語学学習を成功させるために・・・

辞書を用意しておきましょう


スポンサードリンク




英語の辞書は、たいていの人が一冊は持っていると思います。学習を始めてみようと思い立った時は、中学生や高校生の時に学校推奨のものを一冊(英和辞典)購入してずっと使っている、というパターンだと思います。

その辞書が悪いというわけではないのですが、もし学習をスタートさせて自宅でしっかりと机に向かうのであれば新しく以前の中高生向けの辞書から一般向けの英和辞典を手元に置いておきませんか。
例えば、「ルミナス英和辞典(研究社)」や「ウィズダム英和辞典(三省堂)」といったちょっと本格的な辞書です。単に語彙の面だけではなくて上達するために重要な文法の学習にも役立つからです。
一冊しか買わないのなら英和辞典ですね。

出来れば、和英辞典もあれば英作文の時に重宝するはずです。また、これって英語でなんと言うのだろう、と疑問に思ったときも和英辞典で確認しておけば定着しやすいと思います。

それから、ないと困るわけではないのですが中級者以上の人には英英辞典も考えてみてもらいたいです。
英語で英語のあることを説明したい時などにどう表現するかがわかるので使えば使うほど表現の幅を広げてくれると思います。仮にあまり使わないのではないだろうか、と思う場合でも一応良く考えてもらいたいです。補助的に息抜きに楽しむための存在でも価値があると思うからです。
初めての人には「ロングマン現代英英辞典(Longman Dictionary of Contemporary English)」(桐原書店・Longman)をおすすめします。
この辞書は使用語彙数が約2000語と限定されているので敷居が低いこととイラストが多く使われているのであまりストレスを感じないので付き合っていきやすいと思うからです(私も以前使っていました)。

たとえ入門者向けの英英辞典でも、一冊もつと新鮮味もありますし、英語を使って英語を理解することが面白く感じて手放せなくなると思います。私は単純な性格のせいか、英英辞典を引くこと自体がすごくうれしくて(最初は無理だと思っていたのが思ったより理解できたからです)時間が経つのを忘れるくらい毎日ひいていました。
でも今振り返って考えると、英英辞典だけだと熱中できるけれども語彙の定着率は英和辞典を使用するのにはかなわなかったです(私の場合)。
そういうわけで脇役として、ちょっとやる気を引き起こすアイテムとして置いておくのもいいのではないかと思います。

辞書を購入する時は長く付き合っていく相棒になるものですから、出来る限り書店に自分自身で足を運んで手に取ってみて選びましょう。売れ筋の中から選べば学習するのに不足だったということはないと思います。「まえがき」の部分を読んでみて感じが良いと思うものなら、他に特に気に入らない部分がないのならその辞書で決まりですね。

自宅での学習時間が確保できない方には冊子の辞書は持ち運びに適してないので出番は少ないかもしれません。それでも、何か疑問があってじっくりと調べてみたいと思うときもあるかもしれませんから、常備薬的な感じで一冊持っておいてもいいかもしれません。


スポンサードリンク