アルクの英語などの通信講座を管理人が受講してみて、感じたことと体験談をまじえて紹介しています。

スペースアルク的通信講座de Make it!/アルクの体験記 > リスニング > ヒアリングマラソン ビジネス(新講座)

リスニング

ヒアリングマラソン ビジネス(新講座)


スポンサードリンク




「ヒアリングマラソン ビジネス」は、良くある「なんとなく聞き取れた」から必要な情報をしっかりと聴き取れる確かなリスニング力を養成して、発言力の向上までも目指すビジネスパーソンのための講座です。

「ヒアリングマラソン ビジネス」
教材の概要

●受講期間:3ヶ月

●価格:32,000円(税込み)
【開講記念価格 28,800円(税込み)2008年3月31日まで】

●開始レベルの目安
TOEIC500点〜、英検準2級

●学習時間
1日30分×週4日

●到達目標レベル
ビジネスシーンにおいて重要な情報をしっかりとキャッチして発言もできるだけのビジネス英語力を身につけること。

「ヒアリングマラソン ビジネス」
教材の内容

●コースガイド1冊
「ヒアリングマラソン ビジネス」の内容、学習の進め方、マンスリーテストの提出方法などを説明してあります。

●テキストブックA5版 毎月1冊(計3冊)
「ヒアリングマラソン ビジネス」の毎月の学習を進めていくための核となる教材です。巻末にマンスリーテストが収録されています。

●CD 毎月2枚(計6枚)
マンスリーテキストに対応したCDです。マンスリーテキストと共に学習の中心となります。

●マンスリーテスト 毎月1回(計3回)CD付き
毎月の学習の成果を計るためのマークシート方式のテストです。後日、採点されて解答、解説とアドバイスが送付されます。

●別冊「インタビューブック」1冊(CD付き)
企業の研修プログラムで活躍している講師や起業家への英語でのインタビューを収録しているブックレットです。英語ニュースの音声、スクリプト、訳を会員専用の「My ALC」からダウンロードが可能となっています。

●別冊「リスニングメモ」1冊
ビジネスの現場で必要となる、英語を聴きながら要点をメモしていくという技術のコツを伝授してくれるブックレットです。

●特製CDケース
教材のCDが収納できるようになっている専用CDケースです。

●修了証
「ヒアリングマラソン ビジネス」を見事に完走した受講生の人に送付されます。




「ヒアリングマラソン ビジネス」の詳細

アルクの「ヒアリングマラソン ビジネス」のページへジャンプします。

「ヒアリングマラソン ビジネス」の特長

(1)新しいアプローチ「クリティカルリスニング」
「クリティカルリスニング」は2つの違った手法でリスニング力をアップさせるためのこの講座ならではのトレーニング方法です。「リズムリスニング」で音声に着目したアプローチで英語独特のリズムを身につけて重要な情報をキャッチする力を養います。「ロジックリスニング」で文章構成に着目して、どこで何を聴き取ればよいのかがわかる力を養って、予測力をつけていきます。
「クリティカルリスニング」で練習してビジネス英語に必要な英語の瞬発力が鍛えられていきます。

(2)ビジネス英語のナチュラルスピードに対応
ビジネスシーンでは旅行やチャットと違い待ったなし、の世界です。ナチュラルスピードに対応できて初めてビジネスの会話ができるといっても過言ではありません。「ヒアリングマラソン ビジネス」ではテキストごとに段々と音声のスピードがあがっていくように設定されているので無理なくネイティブスピーカーの自然なスピードに対応していけるようになっています。
また、リスニング語彙数もテキストブックごとに段階的に増加するようになっていていきなり圧倒されることなく実力をあげていくことができます。

(3)リアルなビジネスシーンで学習
テキストで扱っているプレゼンテーションや会議、交渉の場面は実際に遭遇しそうな状況をもりこんであります。擬似的な状況でしっかりと練習していくことによって実戦でしり込みしてしまう可能性がぐっと低くなります。また、ビジネス英語に関することばかりではなく文化的なことなど雑談の要素も入っていてオフビジネスにも役立つ内容となっています。

「ヒアリングマラソン ビジネス」について

「通信講座の中身を見る・聞く」から「ヒアリングマラソン ビジネス」の教材の一部を体験してみました。

テキストのVol.1とVol.3が体験できます。

●「ヒアリングマラソン ビジネス」、ここが良い
・「クリティカルリスニング」によってビジネスで必要なリスニング力をしっかりとつけていくことができる。

・一つの英文(ユニット)を二日かけて学習するので中級者でも続けて行きやすくなっていて挫折しにくい。

・ビジネスに限らず会話に必要なスキルをトレーニングして身につけていけること。

●「ヒアリングマラソン ビジネス」、ここが弱い
・ビジネス英語でももちろん重要となる語彙力。その強化のコーナーがないのが気にかかりました。

・受講期間が少し短いような気がする。ビジネスに必要なスキルを徹底して身につける為にもあと最低でも1ヶ月間多くて4ヶ月は欲しいところです。

ビジネス英語にターゲットを絞ったこの講座は名前の通りにビジネスの場面が学習の素材となっているリスニング力を主に伸ばしていく講座です。学習素材の英文は長すぎず短すぎずで、毎日の学習には丁度よいくらいの長さだと感じました。
実際のビジネスのプレゼンテーションの場面でも一つ一つのスピーチは学習する英文と比べて長さ的にそれほど大差はないのではないでしょうか。
学習時間は1日30分となっています。30分間で終わらせることが可能な分量となっていますが、あえてもっと時間をかけて取り組んでもらいたい講座です。リスニングもリーディングもリピーティングも納得するまで時間をかけて繰り返すことで身について実際に使う時に役立つものですから。

この講座の特長の一つである「クリティカルリスニング」は思いつきそうな学習方法なのですが個人的に実践するとなるとなかなかできないものです。「ヒアリングマラソン ビジネス」だとテキストにしたがって学習していくと自然と実践していけるようになっています。「ロジカルリスニング」はビジネス英語に限らず普通の日本語における会話でも意識しておきたいことだと思います。3か月間しっかりとトレーニングを積んで完走すればコミュニーケーション能力のアップも期待できるのでは、と感じました。

レベル的にも中級者の方でも頑張ってついていける内容とスピードだと思います。テキストの1ヶ月目と3ヶ月目の体験版での英文のスピードには差がありましたが、実際のビジネスシーンでは両方のスピードがありえるはずです。講座の全部を受講したわけではないのでなんともいえないのですが、ちょっと不安になったのは早口の人もいますからそういう場合もテキストで体験させてくれたらもっといいのに、と感じました。
英語を母語としている人が相手だと十分に早口攻撃もありえることだからです。

不安を感じたのは語彙強化を目的としたコーナーがないことです。学習する負担は増えますが実力向上には欠かせない要素だと思うので少し残念な部分と個人的には感じてしまいました。
あとは受講期間が3ヶ月というのは少し物足らない気がします。定着させるためにもう少し欲しいと思いました。ただ、続け易さを考えると3か月間というのはいい期間と言えるので良いところもあるのですが。

全体的に見て中級以上の英語力があるビジネス英語力を伸ばしたい方にはビジネスの時の理解力が伸ばせる良い講座だと思います。でも他の講座と同様に能動的に自分自身で積極的に練習していく姿勢が必要となります。決してビジネス英語のコツや技術だけを習得する講座ではありません。

ビジネスで通用する確かな英語力特にリスニング力を真剣に手に入れたい方に。

まずは「通信講座の中身を見る・聞く」で「ヒアリングマラソン ビジネス」の教材の一部を試してみてください(無料です)。試せる部分は非常に限られているのですが「クリティカルリスニング」とはどんなものかということが試せる内容となっています。学習の流れを意識して、時間をかけて試してみてください。合うか合わないかが少し見えてくるはずです。ページの上段にお試しページへのリンクがあります。



「通信講座の中身を見る・聞く」のページへジャンプします。




アルクの「ヒアリングマラソン ビジネス」のページへジャンプします。


スポンサードリンク