アルクの英語などの通信講座を管理人が受講してみて、感じたことと体験談をまじえて紹介しています。

スペースアルク的通信講座de Make it!/アルクの体験記 > スピーキング > 英会話コエダス

スピーキング

英会話コエダス


スポンサードリンク




英語が話せたらいいのに、を夢で終わらせたくないなら、まずは始めてみませんか。

ニュートラルな英語を恥かしがらずに自信を持って話せるようになるための通信講座です。

「英会話コエダス」の概要
●受講期間:4ヶ月

●価格:29,589円(税込み)

●開始レベルの目安
TOEIC350点〜、英検3級〜、

●学習時間の目安
1日約40分×週4日

●この講座の到達目標
必要な時に適切な英語を、堂々と自信を持って話せるようになること。

「英会話コエダス」
教材の内容

●コースガイド1冊
「英会話コエダス」の学習の進め方や講座の流れ、テストの提出の仕方などを説明してあります。

●テキストブックA5版 毎月1冊(計4冊)
日々の学習を指示に従って進めていきます。マンスリーテストやコラムも掲載されています。

●CD(8枚)
CDは毎月2枚です。CD−Aには前半2週間分の音声、がCD−Bには後半2週間分の音声とマンスリーテストが収録されています。

●マンスリーテスト毎月1回(計4回)
毎月の学習の最後にその月の成果を測定するためのマークシート方式のテストです。後日、採点された答案が解答と解説が付きで郵送されてきます。

●別冊フレーズ集 1冊
4ヶ月間の間にテキストで学習するKey Expressionsの64表現と、Key Pointの64表現の計128表現がまとめて収録されているフレーズブックです。

●別冊フレーズ集対応CD 1枚
「別冊フレーズ集」の表現を定着させるために、フレーズブックの音声をまとめて収録してあるCDです。「別冊フレーズ集」とあわせて練習すると効果的です。

●特製CDケース
この講座に必要なCDが全部収納できる専用のCDケースです。

●修了証
全てのテストを提出して見事のこの講座を完走人に送付されます。完走後に数週間で郵送されてきます。




持ち歩ける英会話スクール「英会話コエダス」

アルクオンラインショップの「英会話コエダス」のページへジャンプします。

「英会話コエダス」の特長
(1)128の厳選されたKey表現を体得できる
「英会話コエダス」では、英語の学習者約1,000人へのアンケートの回答結果から得た、「32の場面」とそれらの場面で必須の「128のKey表現」を厳選しています。
この「128のKey表現」は、ネイティブスピーカーの話し言葉のデータベース「スポークンコーパス」を分析して、使用頻度の高い表現ばかり。また日本人が話した英語のデータベース「学習者コーパス」を分析して、日本人が間違えがちなポイントも指摘してあります。ネイティブが良く使う表現をインプットしながら日本人特有の弱い点も克服していけるので、実際に話す時に堂々とすることができます。

(2)英語の瞬発力を強化する
実際に英語を話す時には、黙って考え込んでいられません。「英会話コエダス」では、コエダス式アクティブ・スピーキングタスクで、実際の会話のスピードに対応できるようにトレーニングを積んでいきます。CDから流れる音声とイラストを見てすぐに英文を声に出すトレーニングで、日本語に変換することなく英語がすっと口から出てくるようになります。
また、おなじみの「チャンツ」や「リピーティング」を学習にふんだんに取り入れて「128のKey表現」をしっかりとインプットしていきます。

(3)続けていくためのサポートが充実
「英会話コエダス」では、例文を声に出した回数を記録する「コエダスカウンター」の他に、疑問はハガキやウェブで「学習相談室」に質問することができます。また、受講生専用のスペースMy ALCで他の受講生との交流が図れるようになっています。会話の練習を一人ではちょっと、という方でも孤独感を感じることなく続けていける工夫がされています。

「英会話コエダス」の感想

「通信講座の中身を見る・聞く」と「プチ体験ツアー」で体験してみての感想です。

「英会話コエダス」はTOEIC350点、英検3級からと初級者レベルの方から始めることができるだけあって、最初の月の素材が短めで入っていきやすいと感じました。最終月の会話素材はちょっと本格的になっていて十分に取り組みがいがあるものだと思います。

ひょっとしたら最初の月のほうの会話は聞いていてすぐに意味が取れて、物足りなく感じてしまうことがあるかもしれませんが、実際に自分の言葉で話すとなるとものすごく簡単に思っていることがすぐには口からでてこないものですから、決して侮れません。上級者でも普段話すことがない方にはいい学習素材かもしれません。それくらいの内容だと思います。

「英会話コエダス」ではKey表現が一つ一つ取り上げられていて、振り仮名などもつけてあって発音の感じとか、強弱のつけ方がわかり易くなっています。でもカナはあくまで補助的に使ってもらって音声のほうにしっかりと集中してもらいたいところです。できる限りCDの音声をそっくり真似るつもりで練習していると、完璧な発音はともかく、しっかりとしたアクセントと英語特有の強弱がしっかりと身についてきますから、実際に会話する時に自信を持って話せるようになってきます。

「英会話コエダス」ではテキストに従って学習していけば自然と繰り返して口に出していく事になるのでしっかりと定着していくはずです。単純なのですが「コエダスカウンター」にしっかりとチェックを入れていけば何度繰り返したか一目瞭然になっていますし、ちょっとした充実感もでてきます。
簡単なことなのですが、面倒くさがらずにしっかりとチェックを入れていけるかどうかがあとで大きな差を生み出してくるはずです。

声に出しての反復練習が多いので標準学習時間の40分では足りません。最低でも1時間は見ておきましょう。

当たり前のことなのですが、この講座はスピーキングの講座なのでリスニングなどの講座と違って自分自身で積極的に声に出していかなくてはなりません。これは普段の生活で英語を話す機会がほとんどない方にはいくら英語が好きでも、結構疲れていきます。なかなか毎日の学習内容をきちんとこなしていくことができなくなってくる時もあるかもしれません。私自身も別のスピーキング講座でついていけなかったことがありました(旧 スピーキングマラソン実践コース)。

そんな時はできる部分だけ、Key表現だけでも学習して、それでよしとしてとりあえず先に進んでいきましょう。もちろんできる限り全部をこなしていくのがベストなのですが、テキストの一部だけしかできなくても十分に効果はあります。スピーキング講座は本当に骨の折れるしんどい講座ですから、無理をせずに自分にあったペースで進めていくのがいいのではないかと思います。

この「英会話コエダス」は、スピーキング力をつけるのにいい講座ですが弱点があるとすればやはり一人で学習を進めていくことでしょうか(強みでもありますが)。英会話スクールのようにチェックしてくれる講師がいるわけではないのでちょっと不安が出てくるかもしれません。

うまく使うポイントは、まずしっかりと大きい声を出して練習することです。一人で練習する時は、慣れていない学習者は声が小さくなりがちですから。通勤の時などはさすがにできないと思いますので、毎日少しの時間でも声をしっかりと出して練習できる場所を確保しておくことが大事です。
そして、テキストに沿ってしっかりと繰り返すことです。単純なのですが反復しないでいるとわかったつもりで終わってしまいますから。そうなるといざというときに大事なKey表現も出てこずに、堂々と話すことができません。自信をなくして悪循環に陥りかねません。

会話することにあこがれていて、真剣にスピーキングの力をつけたい、堂々と英語で会話したい、という方には強い見方になってくれる講座です。

まずは「プチ体験ツアー」で教材の感じをつかんで、そして
「講座の中身を見る・聞く」からたっぷりと時間をかけて試してみてください(「コエダスカウンター」も使ってください)。
テキストの一部が見にくくなっている部分がありますが、内容がわからなくなるということはありません。ぜひ声を大きくしっかりと出して試してみてください。



ページの上段あたりに「英会話コエダス」へのリンクがあります。

持ち歩ける英会話スクール「英会話コエダス」

アルクオンラインショップの「英会話コエダス」のページへジャンプします。



スポンサードリンク