アルクの英語などの通信講座を管理人が受講してみて、感じたことと体験談をまじえて紹介しています。

スペースアルク的通信講座de Make it!/アルクの体験記 > リスニング&スピーキング > ヒアリング力完成 発音トレーニング

リスニング&スピーキング

ヒアリング力完成 発音トレーニング


スポンサードリンク




発音をしっかりと身につければリスニング力も大きく伸びるということを知っていましたか?

語学では「発音できない音は聞き取れない」と言われています。この講座は英語を正しく発音できるようになって聞き取れるようになるための、リスニングにはもちろんスピーキングにも役立つ講座です。
3ヶ月間しっかりと練習して、新しい耳を手に入れてみませんか。

「ヒアリング力完成 発音トレーニング」の概要
●受講期間:3ヶ月

●価格:44,100円(税込み)

●開始レベルの目安
TOEIC450点〜、英検準2級〜

●学習時間の目安
1日約40分×週4日

●この講座の到達目標
英語の音声のルールを練習してリスニング力を飛躍的に上げてしっかりと聞き取れるようになること。

「ヒアリング力完成 発音トレーニング」
教材の内容

●コースガイド1冊
「ヒアリング力完成 発音トレーニング」の学習の進め方や講座の流れ、テストの提出の仕方などを説明してあります。

●テキストブックA5版 毎月1冊(計3冊)
日々の学習を指示に従って進めていきます。

●CD毎月2枚(6枚)
学習するテキストの音声素材が収録されています。CD−Aにはテキストの前半2週間分が、CD−Bには後半の2週間分が収録されています。

●発音練習用ソフト「ナオスケpowered by AmiVoice(R)」(Windows用CD−ROM)
テキストブックに掲載されている文章を使って発音練習をしてみて、正しく発音できているか、リズムとアクセントが正確なものになっているかどうか、客観的な判断を「ナオスケ」から得られます。

●ヘッドセット
発音練習ソフト「ナオスケ」を使用する際に使う、マイク付きのヘッドホンです。「ナオスケ」のための音声認識テストに合格しているものを送付します。

●DVD 1枚
発音のコツや、練習方法のお手本が収録されています。テキストブックVol.1の内容に対応しています。

●チェック用手鏡
DVDを見ながら発音練習をする際に使用するものです。ネイティブスピーカーの口の動きと、自分の口の動きを見比べながら練習して、正しい発音を身につけていきます。

●赤シート
テキストブックに載っているヒントを隠すために使用します。

●マンスリーテスト 毎月1回(計3回)
マークシート方式のテストを受けて毎月の学習成果をチェックすることができます。後日解答、解説と学習のアドバイスが郵送されてきます。

●特製CDケース
この講座に必要なCDが全部収納できる専用のCDケースです。

●修了証
全てのテストを提出して見事のこの講座を完走人に授与されます。受講終了月の翌月中旬ごろに届きます。




ヒアリング力完成 発音トレーニング

アルクオンラインショップの「ヒアリング力完成 発音トレーニング」のページへジャンプします。

※「ヒアリング力完成 発音トレーニング」をご利用いただくためには以下の機材が必要です。ご注意ください。
●パソコン(「ナオスケ」動作環境を満たしているもの)
●DVDプレーヤー(DVDが見られるパソコンでもOKです)
●録音・再生機材(自分の話し方をチェックするため)

【発音練習ソフト「ナオスケ」動作環境】
OS:WINDOWS XP/2000
CPU:Pentium 4以上(ノートPCの場合Pentium M 以上)
メモリ:384MB以上(WINDOWS 2000の場合256MB以上)
HDD:ソフトウェアのインストールに300MB以上の空き容量が必要です。
モニタ:解像度1024×768以上、16bit色以上
CD-ROMドライブ、OSに対応したサウンドカード、ヘッドフォン出力、マイク入力端子が必要です。

Powered by AmiVoice(R)
AmiVoiceおよびAmiVoiceのロゴマークはカブシキカイシャアドバンスト・メディアの商標です。

*自作されたパソコン、標準インストール品からほかのOSに変更したパソコンに対する動作保証はいたしません。
*推奨動作環境下にあるすべてのパソコンについて動作を保証するものではありません。

「ヒアリング力完成 発音トレーニング」の特長
(1)発音を磨いてしっかりと聞き取れる耳を養成
実際の会話ではネイティブスピーカーは必ずしも発音記号通りに発音しているとは限りません。「ヒアリング力完成 発音トレーニング」では、ネイティブスピーカーが実際はどのように発音しているのかを「ルール」として学んでから自分自身で繰り返して口を使って練習して納得することで「聞き取れる耳」を養成します。

(2)身近な場面設定の実際に使える英語で練習
「ヒアリング力完成 発音トレーニング」は1ヶ月目に発音の基礎を学習したあとに2ヶ月目と3ヶ月目では実践的な場面を想定して英語を「話す」「聞く」場面に遭遇しやすい状況を取り上げています。空港でのアナウンスなどの「聞かなければならない」ばめんや、会話やスピーチなどの「自分が話す必要がある」場面など、すぐにでも出会いそうな必然性のある英文を厳選してあります。

(3)「ナオスケ」はあなただけの英会話コーチ
発音練習を効果的に進めていくには、お手本の音声と自分の発話の違いを認識して、お手本に近づくための練習が必要となります。このためには、違いをきちんと指摘してくれる「先生」の存在が不可欠です。こんな時に頼りになるのが「ヒアリング力完成 発音トレーニング」の発音練習ソフト「ナオスケ」です。練習のとき、マイクに向かって課題の語や文章を読み上げると、グラフィックで自分の発音を客観的に見ることができるので、お手本との違いが一目瞭然です。どこをどのように直せばいいかがわかるので繰り返し練習してお手本に近づいていくことができるようになっています。

「ヒアリング力完成 発音トレーニング」の感想
私はこの講座の受講体験がありますのでその時に感じたことを紹介したいとおもいます。

私がこの講座を受講してみようと考えたのは、語彙力や経験に頼ったリスニング方法から抜け出して音声をしっかりと聞き取っていくリスニングスタイルを身につけたかったからです。

さて思い切ってこの講座を受講してみてですが、発音に自信がない人にもわかりやすく解説されたテキストと結構厳しいコーチ「ナオスケ」の組み合わせは本当に楽しく学習できるようになっています。対象レベルは中級者からとなっていますが上級者の方でも決して物足らないということはありません。少しでも発音に自信がない方でしたらきっと役に立つ講座です。

テキストはカタカナなども使って発音のイメージをしやすく解説されていますし、イントネーションの解説などはわかっているつもりになっていた部分をしっかりと正してくれてリスニング、スピーキングに役に立つ内容になっています。毎日の学習の分量も多くないので着実に知識を身につけていけました。

テキストで理解した発音のルールを身につけるために「ナオスケ」を使って練習することになります。この「ナオスケ」は本当にハマります。受講前は期待しつつもどこかでハマるというのは大げさなのではないだろうか、と思っていました。

でも実際に使ってみると、時間を忘れてしまって熱中してしまいました。いい英会話コーチです。
この講座の標準学習時間は一日40分となっていますが「ナオスケ」を使う日は(毎日使うわけではありせん。学習日によって多い日と少ない日があります)、私の場合ですとテキストと「ナオスケ」を合わせて2時間以上、「ナオスケ」の分量が多い日は3時間くらいになっていました。とはいえ熱中していて終わってみるとそれくらいの時間が経っていた、という感じなので苦痛になることはありませんでした。ただ、いい評価をくれなかったり、ダメだしばかりされると腹が立つことはありましたが。本当に結構厳しいのです、「ナオスケ」は(マンスリーテストの時だけは判定が非常に甘くやさしいです)。でも良いコメントをもらえた時はうれしさと満足感、達成感があります。それでハマってしまうのかもしれません。

この講座は3ヶ月間と期間が短いですからハマってしまうとあっという間に終わってしまうような気がします。

「ヒアリング力完成 発音トレーニング」を終えてみて実際にどうなったかといいますと、自信を持って聞き取れる部分がかなり増えていました。初めて聞く単語でも音声はしっかりと聞き取れる確率がかなり上がりました。ラジオ放送も聞き取るのがかなり楽になりました(AFNです)。完走してからたった一度ですがアメリカ人の方と話す機会がありました。この時も以前よりも楽に聞き取れることを実感しました。
終わってみたら以前よりもっと楽にたくさん聞き取れるようになっていたという感じです。
聞き取りに自信が出てくると英語もより楽しく感じるようになりました。また新たなやる気が出てきて私にとっては大きな意味のある講座だといえます。
ですがこの講座で取り扱っているのは基本的にアメリカ英語です。他のあらゆる英語に対しての発音とリスニング力アップは定かではありません。イギリス英語に関しても少し取り上げていますが十分とはいえない分量です。私は受講後にイギリス人の方と話す機会がないのでどの程度聞き取れるかわかりませんが(それでも受講前より良くなっているはずです)。

イギリス英語に興味があって発音をしっかりと身につけたい!という方には、ひょっとしたらかなりの違和感があるかもしれませんので注意が必要だと思います。「教材の中身を見る・聞く」で体験してみてください。少し見えてくると思います。

最後にこの講座のここがちょっと、という部分にもふれさせていただくと・・・。
内容は申し分ないのですが、「ナオスケ」を使用するときに必要なヘッドセットは差込口の接触に敏感な時がよくありました。だいたいは少し触ると正常になるのですがなかなか戻らない時はちょっといらいらすることもありました(音声が小さくなったり、マイクが音を拾ってくれなくなることがありました)。これはヘッドセットにも当たりハズレがあるということかもしれません(本来あってはならないはずですが)。完全に元に戻らなくてどうしようもないわけではないので些細なことなのですが、私は気になりましたので。

また、これも学習効果にそんなに違いはないとは思うのですが、「ナオスケ」とDVDが同時に使えないのが残念でした。
たまに確認しながら練習したい時もあったので、そう感じたのです。

発音をきちんと身につけたい、伸び悩んでいるリスニング力を今よりもっともっと向上させたい方に力になってくれる講座です(基本的にアメリカ英語の講座です)。結果的に時間がかかるので学習時間確保についてはしっかりと考えておく必要があります。

「講座の中身を見る・聞く」のページから、教材の一部を体験することができます(ページの真ん中やや上のあたりにリンクがあります)。
「プチ体験ツアー」で「ナオスケ」についての簡単な説明がされています。必ず試してみてください。(アメリカ英語以外に興味がある方ものぞいてみるのもいいかもしれません。)







スポンサードリンク