アルクの英語などの通信講座を管理人が受講してみて、感じたことと体験談をまじえて紹介しています。

スペースアルク的通信講座de Make it!/アルクの体験記 > ライティング > ビジネスEメール速習パック ライティングエイド

ライティング

ビジネスEメール速習パック ライティングエイド


スポンサードリンク




英文Eメールに自信を持っていますか。

「ビジネスEメール速習パック ライティングエイド」は、初心者ですぐに仕事に必要な英文が書けるようになりたい人から、ライティングはどうも自信が持てないという上級者の方まで、3ヶ月間でビジネスに必要な英文Eメールが自信を持って書けるようになるための講座です。

「ビジネスEメール速習パック ライティングエイド」の概要
●受講期間:3ヶ月

●価格:39,900円(税込み)

●開始レベルの目安
TOEIC350点〜上級者

●学習時間の目安
1日約30分×週4日

●この講座の到達目標
必須表現を身につけてEメールを自信を持って書けるようになること。

「ビジネスEメール速習パック ライティングエイド」
教材の内容

●コースガイド1冊
「ビジネスEメール速習パック ライティングエイド」の学習の進め方や講座の流れ、テストの提出の仕方などを説明してあります。

●テキストブックB5版 毎月1冊(計3冊)
日々の学習を指示に従って進めていきます。毎月の学習の成果を測るMonthly Testと、コラムも掲載されています。

●Eメールライティング・ハンドブック
Eメールの作成の基本を解説している冊子です。Eメールライティングのルールとマナー、そのほかにも構成法やスタイル、上手に書く秘訣、Q&A集など、「使える知識」が満載です。

●英文Eメール作成支援ソフト「カクスケ」(Windows用CD−ROM)※Windowsのみの対応です
英文Eメールのサンプルを300以上も収録したソフトです。状況や内容別に文書例を探したり、「お礼を述べる」「返事を促す」などの機能から一文を検索したりも出来ます。他にも単語からの検索も可能です。英文Eメールの作成が大幅に楽になります。

●質問カード
学習相談室を利用するための専用カードです。教材中の英語についてのご質問や、学習法についてのご相談をカードにご記入の上お送りください。専門スタッフからのアドバイスをお届けいたします。

●マンスリーテスト 毎月1回(計3回)
※マンスリーテストの提出には、インターネット環境が必要です。
毎月ひとつの課題について文書を作成して、専用のサイトから提出します。課題はネイティブスピーカーによって添削されてEメールで返信されます。その後、添削者による採点結果と学習アドバイスが書かれた「テスト結果シート」と「解答と解説」が郵送されます。

●テスト結果シート(毎月1枚)、解答と解説(毎月1冊)
「テスト結果シート」には、ネイティブスピーカーの添削者による採点結果と学習のアドバイスが掲載されています。そして課題の「解答と解説」を同封してあります。通常テスト提出締切日の約2週間後にお送りします。Monthly Testを提出された方だけに送付されるものです。

●修了証
学習の実績を認定するために受講者の方に授与されるものです。最終テスト結果表とは別送となります。




ビジネスEメール速習パック ライティングエイド

アルクの「ビジネスEメール速習パック ライティングエイド」のページへジャンプします。

「ビジネスEメール速習パック ライティングエイド」の特長
(1)「英辞郎 on the Web」より最重要の24事例をカバー
「ビジネスEメール速習パック ライティングエイド」で学習する24事例は、英和・和英のデータベースメガサイト「英辞郎 on the Web」で実施された「英文ビジネスライティング」についてのアンケート調査によるものです。アンケートによって明らかになった、ビジネスパーソンに最も役立つ事例を厳選してあります。必要性と応用性を重視した内容です。

(2)過去15年間の添削実績から弱点を解説
アルクのライティング通信講座「ライティングマラソン」(現在は廃講)から15年間の添削と質問野データによって明らかになった英文ライティングにおける「日本人の弱点」を分析してあります。総合監修の染谷氏の統計による、「知っている単語なのに5回に1回は間違える動詞」の用法を中心に、「迷う点」「間違えてしまう点」を教材にもりこんでいます。

(3)実践トレーニングとセルフチェックで身につける
「ビジネスEメール速習パック ライティングエイド」は実践的な演習に挑戦して、自分自身で考えながら表現を定着させる仕組みになっています。1日あたりの学習量も無理がない量で、ビジネスの知識としても面白く、役に立つ解説もついているので楽しく学習を続けていけます。

(4)英文Eメール作成支援ソフト「カクスケ」ですぐに英文ビジネスEメールが書ける!
「カクスケ」により、ビジネスEメールの不安をなくして作成にかかる時間を大幅に短縮します。必要表現を探し出すだけでなく、書き換えにも応用する時にも使える強力なツールです。作成した文書をパソコンに保存し、オリジナルの「Eメール文例集」を積み上げていくことも可能です。

「ビジネスEメール速習パック ライティングエイド」について

「通信講座の中身を見る・聞く」から教材の一部を体験してみました。

どの言語でもそうですが、文章を書くというのは結構というかかなり難しいですよね。
特にこの講座のようにビジネスにも使えるきちんとした文章は簡潔さと同時に丁寧さも求められますから難易度が高いと思います。
私も友人に手紙を出すのならともかく、普段機会がありませんが、もしビジネスレターを書くとなるとまったく自信がありません。きっと途中でカジュアルな表現を使ってぞんざいな印象を与えてしまうでしょう。

さて、この講座の一部を体験してみてですが、重要表現が厳選されているのでとても学習しやすいです。厳選された表現を2日間かけてじっくりと学習できるので確実に身につけていけます。
とはいえ気になったのが開始レベルです。
初心者レベルから受講可能な講座なので内容が難しすぎることはありませんでしたが、英語のやり直しを始めたばかりの方や相当な苦手意識を持っている方にはきついかもしれません。基本的な表現が多いとはいえ内容を理解するのがきつい超初心者の方には負担が大きいのではないかと思います。
少しは学習を始めて軌道に乗っている方(初心者も含む)が対象の講座ではないかと思います。TOEIC450点は越えておきたいところです。

学習していく表現はビジネスメールを書く時のみならずフォーマルな場面での英会話にも役に立つ必須の表現ばかりです。
ライティングの講座だけあって特に文書には重要度が高いものです。話すのはその時だけのことですから多少表現がつたなくてもとりあえず伝わればいいという部分がありますが、文書は記録が残るので厄介です。幼稚な表現やぞんざいな表現は視覚的にも不快感を与えかねません。

上級者レベルでもフォーマルさが求められるビジネス文書は日々チャンスがないとうまく書けないものではないでしょうか。何とか書けたとしてもうまく書くには相当な時間が必要となっていたりして案外と頭の痛い部分で、自信を持って書ける、と言い切れるひとは少ないはずです。
この講座でライティングに使える最重要表現と気をつける点などをしっかりと身につけておけばEメールライティングも短時間で簡潔に信頼の得られる文章が作成できるような内容だと感じました。仕事でEメールを作成する機会の多い方には時間的にもきっと大きな味方になるはずです。
そして、この講座でどんな相手にも通用するしっかりとした表現を身につけておくのはライティングだけではなくて英語全体のレベルアップに非常に有用だと思います。学習期間も3か月間なので続けていきやすい講座となっています。
地味な講座ですけれどもオールラウンドに英語を使う方にはお役立ち度はかなり高いと思います。

「通信講座の中身を見る・聞く」から「ビジネスEメール速習パック ライティングエイド」の教材の一部を体験することが出来ます(無料です)。実際に時間をかけて学習してみて良さを体感してみてください。
ページの中段あたりに「ビジネスEメール速習パック ライティングエイド」へのリンクがあります。




スポンサードリンク