アルクの英語などの通信講座を管理人が受講してみて、感じたことと体験談をまじえて紹介しています。

スペースアルク的通信講座de Make it!/アルクの体験記 > TOEIC総合講座 > 改訂版 TOEICテスト470点入門マラソン

TOEIC総合講座

改訂版 TOEICテスト470点入門マラソン


スポンサードリンク




リスニングを中心に英語の基礎力を固めて470点を突破する力を身につけることができます。

この講座は初心者レベルの学習者が、リスニング力強化を中心にして英語の基礎力を身につけてTOEICテストで470点を突破するコミュニケーション能力を獲得することが目的です。

「改訂版 TOEICテスト470点入門マラソン」の概要
●受講期間:4ヶ月

●価格:34,650円

●開始レベルの目安
TOEIC470点未満

●1週間の学習時間
1日30分〜40分×4日

●到達目標
知っている表現を実際に聴き取れるように耳を鍛えて英語でコミュニケーションを取るための能力を身につける。

「改訂版 TOEICテスト470点入門マラソン」
教材の内容

●コースガイド 1冊
「改訂版 TOEICテスト470点入門マラソン」を開始する前に読んで学習の進め方やテストの受け方、提出方法などを知っておくための小冊子です。

●テキストブックA5版 4冊
毎日の学習を指示に従って進めていきます。マンスリーテストとコラムも掲載されています。

●CD 8枚
テキストに準拠した内容のCDです。

●プライマリーテスト(テスト冊子1冊、テスト用のCD1枚、マークシート1枚)
受講前の英語力を、TOEICテストと同じ形式で問題数が実際のテストの半分(100問)で測ります。結果は後日郵送されてきます。

●マンスリーテスト 4回
プライマリーテストと同様に本番のテストと同じ形式で問題数が50問のテストです。毎月の学習の成果を測ります。

●ファイナルテスト(テスト冊子1冊、テスト用のCD1枚、マークシート1枚)
講座終了後に受験するTOEICテストと同様の形式で問題数も本テストと同じ200問のテストです。4ヶ月間の成果をこのテストで測ります。

●TOEICテスト攻略ハンドブック
TOEICテストの概要や各パートの攻略方法などがまとめてある冊子です。時間を有効に使って問題を解いていくための秘訣が掲載されています。

●TOEICテスト直前対策 重要語彙集とCD
Let‘s Chant! で学習したTOEICの重要語彙512個を例文と一緒に掲載してあります。CDには音声が収録されています。

●特製CDケース
「改訂版 TOEICテスト470点入門マラソン」で使用するCDが全て収納できるようになっている専用CDケースです。

●修了証
全てのテストを提出して講座を完走した人に授与される証書です。




改訂版 TOEICテスト470点入門マラソン

アルクオンラインショップの「改訂版 TOEICテスト470点入門マラソン」のページへジャンプします。

「改訂版 TOEICテスト470点入門マラソン」の特長
(1)リスニング中心の学習で耳を鍛えて理解力をアップすることができる。
英語を上達させていくためにはまずリスニング力を強化しなくてはなりません。「改訂版 TOEICテスト470点入門マラソン」ではリスニング力を強化するためのトレーニング中心に学習を進めていくので、英語が見たらわかるから聞いてわかる、理解できるようになっていきます。

(2)英語を意味の固まりでとらえられるようになるので読むスピードが速くなる。
初級レベルの学習者は単語単位で英語をとらえてしまい、文の切れ目がわからないまま読んでしまいがちです。「改訂版 TOEICテスト470点入門マラソン」では、文法事項をとにかく丸暗記するのではなく、文の意味の固まり(チャンク)を理解するトレーニングを積んでいきます。470点獲得に必要な文法力が身につくのはもちろん、テスト対策だけに終わらない実戦でも使えるコミュニケーションに必要な文法や読解の最低限の基礎力が身につきます。

(3)題材がニュース、日常生活、エンターテイメント、趣味など幅広いので飽きずに続けられる。
英語学習は教材の話題が少ないとすぐに飽きてきます。「改訂版 TOEICテスト470点入門マラソン」では取り扱っている話題が毎日のように変わるので新鮮味がなくなることがありません。毎回興味をもちながら学習に取り組んでいけます。

(4)TOEICテストに必要な問題を解く瞬発力が身につく。
TOEICテストは一問一問にあまり時間をかけずにすばやく回答していく処理スピードが要求されます。「改訂版 TOEICテスト470点入門マラソン」では課題の中に制限時間のあるものがあります。制限時間内に解き終えるように頑張ることで英語の瞬発力を養成されていきます。


「改訂版 TOEICテスト470点入門マラソン」の感想

私は「改訂版 TOEICテスト470点入門マラソン」を受講したことがありません。

体験版を受けてみての感想です。

「改訂版 TOEICテスト470点入門マラソン」は470点を突破するための初心者向けの講座となっていますが、実際にお試し受講をしてみると耳と口を使うトレーニングが多くて初心者向けにしては思っていたよりもきびしい講座だと感じました。

単語を覚えるための「チャンツ」から始まるのはアルクのほかの講座と重なります。単語をリズムに乗って声に出すと覚えやすいことと気分も多少ですがのってきます。また学習を始める時のウォームアップにもなります。

「チャンツ」のあとの課題は集中力がかなり必要なものばかりで初心者の方には相当にきつく感じることもあるかと思います。しかし、「改訂版 TOEICテスト470点入門マラソン」で取り上げられているトレーニング方法は中級者、上級者になってもずっと使っていける方法ばかりだと感じました。それだけこの講座の内容が濃いといえるかもしれません。

テキストの中に、何度も聞いて、何度もトライ、とある通りまず1回聴いただけではその日の学習をすんなりと終えることができません。おのずと時間がかかってきます。1日30分〜40分となっていますが、この時間ですんなりと終えられるのは中級者以上の方でしょう。470点を目指しているレベルの方なら、軽く1時間は見ておいてもらいたいです(1時間半くらいあればよりいいです)。何度も聴くだけでなくて実際に声に出して、リピーティング、ロールプレイイングもあります。それからちょっとしたディクテーションの課題もあったりと練習自体がかなり本格派なので、テキスト自体が頼りなく思えた方でも終えたときに時間がかなりかかっているはずです。

こうして試してみると、名前はTOEICテスト対策講座となっていますが実際は英語の総合力強化を達成してその結果TOEICのスコアもあげる、という感じの講座になっていることに気づかされます。
ですから、TOEICのスコアだけあげたいという方には全く無用の講座だといえるかもしれません。とにかくスコアさえアップすればいいという方には日々の学習がきついだけに感じてきて、途中でやめたくなるのではないか、と想像します。
英語力そのものの基礎をしっかりとつけて、そしてTOEICテスト470点を突破したい方には、いい講座だと思います。

毎日の課題で何度も聴くことによっていつの間にかリスニング力もあがってくるのだと思います。
また、初心者が怠りがちなしっかりと声に出して練習する、という課題がたくさんありますので実際に話すときに必要な基本的なコミュニケーション能力を少しずつ磨いていけると思います。

お試し版には載っていなかったのですが、マンスリーテストのほかに受講前後にもTOEICの本試験と同じ形式のテストがあります。初級者の方にはこの講座のテストを提出して、しっかりと復習すれば470点を狙うには充分なテスト準備と言えるのではないかと察します。
英語の基礎力がしっかりとついた結果として470点を突破できているはずです。

初心者にとって4ヶ月の講座はかなりきついです(私も最初に受講した時はかなり長く感じました)。
まずはお試しページで必ず受講してみてください。けっこうきつい、と感じるはずです。

またTOEICテスト対策講座はテストの見直しなどに最初に考えているよりもはるかに時間がかかるものです。受講を決める前には他の講座以上にしっかりと時間が取れるかどうかを熟慮してください。
初心者だからこそ時間がかかるものだと私は思います。

「通信講座の中身を見る・聞く」のページの中段やや下のあたりに「改訂版 TOEICテスト 470点入門マラソン」へのリンクがあります。
スペースアルクの「通信講座の中身を見る・聞く」のページへジャンプします。
アルクの通信講座の中身を「見る・聞く」

アルクオンラインショップの「改訂版 TOEICテスト470点入門マラソン」のページへジャンプします。
改訂版 TOEICテスト470点入門マラソン


スポンサードリンク