アルクの英語などの通信講座を管理人が受講してみて、感じたことと体験談をまじえて紹介しています。

スペースアルク的通信講座de Make it!/アルクの体験記 > TOEIC総合講座 > 改訂版 TOEICテスト650点突破マラソン

TOEIC総合講座

改訂版 TOEICテスト650点突破マラソン


スポンサードリンク




英語をさっと聞けて話せていますか?

この講座は中級レベルの学習者が、英語を処理するスピードを上げてTOEICテスト650点を突破するとともにビジネスなど幅広い場面で使える英語力を獲得するための講座です。

「改訂版 TOEICテスト650点突破マラソン」の概要
●受講期間:4ヶ月

●価格:39,690円

●開始レベルの目安
TOEIC450点〜、英検準2級

●1週間の学習時間
1日40分×5日

●到達目標
英語である程度は自信を持ってコミュニケーションが取ることができるようになること。また多くの企業で海外部門社員の最低限のスコアとして設定されていると言われているTOEICテスト650点を突破すること。

「改訂版 TOEICテスト650点突破マラソン」
教材の内容

●コースガイド 1冊
講座を開始する前に読んで学習の進め方やテストの受け方、提出方法などを知っておくための小冊子です。

●テキストブックB5版 4冊
毎日の学習を指示に従って進めていきます。マンスリーテストとコラムも掲載されています。

●CD 8枚
テキストに準拠した内容のCDです。

●プライマリーテスト(テキスト冊子1冊、テスト用のCD1枚、マークシート2枚)
受講前の英語力を、TOEICテストと同じ形式で問題数も実際のテストと同じ(200問)で測ります。結果は後日郵送されてきます。

●マンスリーテスト 4回
プライマリーテストと同様に本番のテストと同じ形式で問題数が50問のテストです。毎月の学習の成果を測ります。

●ファイナルテスト(テスト用冊子1冊、テスト用CD1枚、マークシート2枚)
講座終了後に受験するTOEICテストと同様の形式で問題数も本テストと同じ200問のテストです。4ヶ月間の成果をこのテストで測ります。

●別冊「Take−It−With−You」 4冊
テキストの課題の解答と解説、それから英文のスクリプトと対訳、そして重要語句をまとめたVocabulary Reviewが収録されている小冊子です。

●受験ガイド「TOEIC(R)Test All−In−One」
TOEICテストの概要や攻略法、Q&Aがまとめられた小冊子です。TOEICテストをすばやく解答していくためのコツがまとめられています。

●特製CDケース
講座で使用するCDが全て収納できるようになっている専用CDケースです。

●修了証
全てのテストを提出して講座を完走した人に授与される証書です。




改訂版 TOEICテスト650点突破マラソン

アルクオンラインショップの「改訂版 TOEICテスト650点突破マラソン」のページへジャンプします。

「改訂版 TOEICテスト650点突破マラソン」の特長
(1)英語を語順のまま理解する速解力、が身につく「直解トレーニング」
英語を日本語に訳しなおして考えていたら、限られた時間内に次々に解答を求められるTOEICテストのスピードについていけません。この講座では、英語を英語の語順のままで聞ける、読める、トレーニングを積んで英語の処理能力をぐんと引き上げます。

(2)「2Wトレーニング」でリスニング問題、「定型文トレーニング」でリーディング問題を攻略
TOEICテストのリスニングセクションで約40パーセントを占めるのは、「場所(Where)」と「時間(When)」の2Wに関する問題です。この2Wを聴き取るトレーニングを積むことでリスニングセクションの正答率を上げていきます。
リーディングセクションで大きなポイントとなるPart擦防兔个垢襪里蓮嵜景后雑誌記事」、「手紙」、「eメール」、「広告文」です。「定型文トレーニング」を重ねて定型文の形式になれて、問題を解く際に瞬時に「どこに何が書かれているか」を知ることによってPart擦砲かる時間を大幅に減少させて余裕を持って解答することでリーディングセクション全体のスコアアップを達成します。

(3)合計840問の問題量でTOEICテスト本試験も心配なし
受講前のプライマリーテストや受講後のファイナルテストそれぞれ200問ずつ、マンスリーテスト各50問ずつなど豊富な問題量を解いていくことで本試験までにテストの解答感覚が身につきます。各テストにはしっかりとした解説がついているので実力アップして本試験も怖くなくなります。

「改訂版 TOEICテスト650点突破マラソン」の感想

私は「改訂版 TOEICテスト650点突破マラソン」の受講体験がありませんので、「講座の中身を見る・聞く」からためしてみました。

コミュニケーションをうまく取るための一つの壁とされている650点を突破するための講座、ということだけあって内容はかなりしっかりとしたものに感じました。しかし、しっかりとしている分だけ時間がかかりました。他のTOEICテストシリーズの講座と同様に標準学習時間ではとても足りないと思います。1時間から1時間半は見ておいてもらいたいです。

おなじみの単語学習「チャンツ」のあとの課題のディクテーションには時間制限がついていて集中力が求められました。講座の特長でもある「直解トレーニング」では重要ポイントを理解して少しずつ文法力を強化することができるようになっていると感じました。文法に自信がない方でも一回の学習で確認するポイントは両方のトレーニングをあわせても少ないので(二つ三つ)充分についていけるものだとおもいます。

また、「定型文トレーニング」では、いきなり問題を解いていくのではなくて徐々に課題の定型文を理解していくという形を取っているので、少し時間がかかるかもしれませんが頭に残りやすくて定着していくのだと思います。

全てのトレーニングでは何度も繰り返して声に出す指示があります。これは一度理解したものをすぐに何度も繰り返して声に出して練習して体にしみこますのが目的です。慣れないうちはきつく感じるかもしれませんができる限り指示通りの回数を繰り返して練習してもらいたいです。この繰り返して練習する習慣はどのレベルでも大事になることだと思いますから、この講座を機会にぜひ習慣として身につけてみてはいかがでしょう。

ちょっと驚いたのは、語彙力強化のトレーニングです。650点を突破するには語彙力のあるなしはかなり重要なポイントです。この講座では「チャンツ」だけではなく、クロスワードパズルがあったり、アルファベットの並べ替えで単語を作っていくようなクイズ感覚のトレーニングが入っていたりと楽しく学習できるような工夫がされていました。重要語句の攻略に心強い味方となりそうです。

一通り学習してみて感じるのは、この「改訂版 TOEICテスト650点突破マラソン」もシリーズのほかの講座と同じく単なるテスト対策の講座ではないということです。毎日の学習でひたすら問題を解いていくという形式を取っていないので表紙を見なかったらTOEICテスト対策講座とは思えない内容でした。
そんな講座なのでやはり、TOEICテストのスコアだけがあがればいいという方にはおすすめできません。TOEICテストと名前がついているので紛らわしいのですが、テストで650点を突破したいけど、それは英語力をあげた結果そうなったらいいと思っているような方にはぴったりだと思います。

再びになりますが、この「改訂版 TOEICテスト650点突破マラソン」はテキストの指示通りに進めていくと相当に時間がかかるはずです。でも指示通りにこなしていけば大きく実力を伸ばすことができるはずです。声に出すアウトプットの課題も多いので実際に話す時に繰り返したことがきっと役に立つと思います。英語で実際に話すことができてきてすごく自信がついてきます。

あまり時間が取れないという方は、一つの課題だけでも集中して取り組んで、そのほかの部分はさっと流すという方法もあります。それでも時間が取れるときはしっかりと学習してみてもらいたいです。

お試し版には載っていなかったのですが、TOEICテストと同様の問題も数多く収録されているので解答と解説をしっかりと読んでから復習して、日々の学習と同じく音読やリピーティングをしっかりとしておけばかなりのことが身についているので、他の問題集をしなくても充分に650点を狙えるはずです。

「講座の中身をみる・聞く」から「改訂版 TOEICテスト650点突破マラソン」の一部を体験することができます。ページの中段やや下のあたりに「改訂版 TOEICテスト650点突破マラソン」
のリンクがあります。
アルクの通信講座の中身を「見る・聞く」

アルクオンラインショップの「改訂版 TOEICテスト650点突破マラソン」のページへジャンプします。
改訂版 TOEICテスト650点突破マラソン


スポンサードリンク