アルクの英語などの通信講座を管理人が受講してみて、感じたことと体験談をまじえて紹介しています。

スペースアルク的通信講座de Make it!/アルクの体験記 > 児童英語教師・日本語教師 > アルク児童英語教師養成コース

児童英語教師・日本語教師

アルク児童英語教師養成コース


スポンサードリンク




児童英語教師になりたいという目標があるなら、この講座は強い味方になってくれます。

「アルク児童英語教師養成コース」なら子どもたちに英語を教える方法を具体的に学べます。

「アルク児童英語教師養成コース」の概要
●受講期間:6ヶ月

●価格:71,400円(税込み)

●開始レベルの目安
英検2級〜

●学習時間の目安
1日60〜90分×週5日

●この講座の目的
子ども達が、英語を使いこなす力、をつけるために、年齢にあった英語の教え方を具体的に学びます。

「アルク児童英語教師養成コース」
教材の内容

●コースガイド1冊
講座の内容、学習の進め方、講師の紹介、提出物についての決まりなどの講座のシステムについて説明してあります。

●テキストブックB5版 毎月1冊(計6冊)
「基礎知識」、「教授法A」、「教授法B」、「英語文法講座」、「英語発音講座」、「教材分析と指導法ワーク」などの児童英語教育の理論や実践で役立つ基礎をしっかりと学べます。

●CD(3枚)
実際の教室で使用されている生徒用のCDと、指導の際に使いたい英語の指示やティーチャートークを収録した教師用CDが1枚ずつあります。

●DVD(3枚)
歌、ゲーム、絵本、チャンツなどの取り入れ方を学習するテキスト「教授法B」に対応したDVDのほか、実際の教材として使用できるDVDや、授業研究のためのDVDがあります。

●指導用マニュアル
教材テキストに対応した指導用マニュアルです。

●教材テキスト(3冊)
実際に教えるために使われる教材テキストです。

●教材絵本(3冊)
教材テキストとともに使われる絵本です。

●月間「子ども英語」
子どもに英語を教える先生と親のための月刊誌「子ども英語」を副教材として、毎月届きます。

●テスト(6回)
英語文法テストをマークシート方式で受験します。提出答案は、コンピューターによる採点のあとに解答・解説と学習のアドバイスを添えて郵送されます。

●レッスンプラン提出(3回)
自分自身でオリジナルのレッスンを組めるようになるためにレッスンプランの提出を3回行うようになっています。

●修了証
6回の英文法テストに合格し、3回のレッスンプランをきっちりと全部提出された方に、修了証をお渡しします。




アルク児童英語教師養成コース

アルクの「アルク児童英語教師養成コース」のページへジャンプします。


「アルク児童英語教師養成コース」の特長
(1)基礎知識と理論が身につけられる
語学的に子どもはどのような能力を持っているのか、児童英語教師の適性とは何か、児童心理学の知識やアジア諸国の英語教育、公立小学校で行われている英語活動の実際、そして各教授法の特徴やカリキュラムの立て方や評価の方法まで幅広く、これから子どもに英語を教えようとする方が知っておくべき知識をコンパクトにまとめてあります。

(2)教授テクニックを伝授
子どもたちは大人と違い耳が優れているので、大人とは違った導入と学習法が必要になります。「歌」「ゲーム」「絵本」「チャンツ」のそれぞれを利用した効果的な教え方をDVDを使って学ぶほかに、アルクKiddy CAT英語教室で実際に使われている教材をサンプルに、自分なりのレッスンを組み立てて、レッスンプランの作成(添削課題)までを学びます。

(3)必要な英語力をつける
英語教師として自身を持っていただくために、「英語文法講座」「英語音声講座」(CD併用)の2冊のテキストで学んで、最低限必要な英語力をつけてもらう、あるいは高校卒業までに学んだ英語の総ざらいができるようになっています。相手が子どもだから英語力はそんなに必要ないというのは大きな誤解なのです。

(4)英語指導員になる、英語教室開設の道が開かれている(講座終了後)
アルクは「アルクKiddy CAT英語教室」を運営しています。「アルク児童英語教師養成コース」の全ての提出物をクリアして見事に完走、修了された方には「アルクKiddy CAT英語教室」への開設への道が開かれます。自宅で英語教室を開設したい方の味方となってくれます。
またこの講座は、NPO小学校英語指導者認定協議会(J−shine)によって、「小学校英語指導者資格認定コース」として認定されていて、アルクは「資格認定登録団体」として認可されています。これによってアルクが、「アルク児童英語教師養成コース」を修了し、かつ指定のスクーリングを受講した方を「小学校英語指導者認定候補者」として推薦することが可能となりました。
小学校で生徒たちに英語を教えたい、という方にも強い味方になってくれるのです。

「アルク児童英語教師 養成コース」について

「教材の中身を見る・聞く」から教材の一部を試してみました。

教材のほんの一部しか試すことができないのですが、それでもこの講座の中身の濃さをうかがい知ることができました。

英語力よりもどのように教えるか、を習得していくのがたいへんなのではないだろうか、と感じました。子どもならではの難しさもあるでしょうしかなり試行錯誤しながらの進行になるであろうことが想像できました。
受講中から常に自分ならどうするか、を考えてアクティブに動いていかないとあとにつながらないかもしれませんから他の講座に比べてさらに続けていくのが難しいはずです。

子どもたちに英語を教えたい!と真剣に考えている方には必要な力を養成して、英語教師への道を開いてくれる講座となっています。

「通信講座の中身を見る・聞く」から教材の一部を試してみてください(無料です)。
アルクの他の通信講座と比べてサンプルだけではわかりづらい部分が多いですが、内容の充実度を見るのにはいいと思います。
ページの中段下の下段のあたりに「アルク児童英語教師養成コース」のお試しページへのリンクがあります。




スポンサードリンク