アルクの英語などの通信講座を管理人が受講してみて、感じたことと体験談をまじえて紹介しています。

スペースアルク的通信講座de Make it!/アルクの体験記 > 通信講座選び ここに注意 > 通信講座のレベルについて

通信講座選び ここに注意

通信講座のレベルについて


スポンサードリンク




アルクの通信講座はそれぞれ開始時の対象レベルが設定されています。この対象レベルはあくまで参考程度にとどめておきましょう。特に中級レベルから始められる講座(英語)には、実際に受講してみると、出来ないことはないけれどそうとうに厳しいと感じる講座が多いように思います。

対象レベルを参考に考える場合は、考えている講座の目的があなたの得意な部分か、あるいは不得意な部分か、を考えてみる必要があります。例えば、TOEIC500からが対象のリスニングの講座の受講を考えている場合に、たとえTOEIC500をクリアしていてもリスニングのスコアが200だとしたら、やや厳しくなる、ということになります(実際には極端に偏ることはないので、そんなに心配はらないと思いますが)。

それから、対象レベルの下限ギリギリからのスタートはあまりおすすめしません。
対象レベルが間違っているというわけではないので、きちんとこなしていけば確実に力はつきます。
しかし、一日一日が結構しんどいです。難しく感じるのできちんとこなしていくのに想像しているよりも時間がかかります。時間が毎日たっぷりと取れる方はそれでも問題ないと思いますが、毎日それほど時間が取れない人には負担になってきます。そうなると、だんだんと遅れてきて結局挫折してしまうということになる可能性が高くなると思います(私はこのパターンで挫折したことがありますので)。

なるべくなら受講開始レベルには多少余裕を見て考えてもらえればよいかと思います。
例えば、TOEIC500から、であればTOEIC600で受講を開始してみる、といった感じです。それでも簡単に感じてしまうということはありません。十分に実力アップが期待できるはずです。

レベルを感じ取るためにも、「教材の中身を見る」の部分で教材の一部を何日か時間をかけて実際に試してみることが必須となりますね。

あまり考えすぎることはないのですが、完走するために少し時間を取って考えていただけたらうれしいです。


スポンサードリンク