アルクの英語などの通信講座を管理人が受講してみて、感じたことと体験談をまじえて紹介しています。

スペースアルク的通信講座de Make it!/アルクの体験記 > TOEIC奪取シリーズ > 奪取550点 TOEIC(R)テスト 解答テクニック講座

TOEIC奪取シリーズ

奪取550点 TOEIC(R)テスト 解答テクニック講座


スポンサードリンク




スコアの伸び悩みは英語力だけの問題だけではありません。「奪取550点 TOEIC(R)テスト 解答テクニック講座」はTOEICのスコア550点を獲るために解答のテクニックを習得して短目標突破を狙う講座です。

「奪取550点 TOEIC(R)テスト 解答テクニック講座」の概要
●受講期間:3ヶ月

●価格:33,000円

●開始レベルの目安
TOEIC350点〜、英検3級

●1週間の学習時間
1日30分×5日

●到達目標 
なにがなんでもTOEIC550点突破。

「奪取550点 TOEIC(R)テスト 解答テクニック講座」教材の内容
●コースガイド 1冊
講座を開始する前に読んで学習の進め方やテストの受け方などを知っておくための小冊子です。

●テキストブックB5版 3冊
毎日の学習を指示に従って進めていきます。

●別冊テキスト「RW」 1冊(CD付き)
テキストと共に使用して学習を進めていきます。小型で持ち運びに便利です。

●CD 3枚
テキストに準拠した内容のCDです。

●レビューテスト 3回
学習したことがきちんと定着しているかどうかを確認するためのテストです。

●ファイナルテスト(模擬試験) 1回(CD付き)
本番テストと同じ200問のテストです。予想スコアも算出されます。

●特製CDケース
講座で使用するCDが全て収納できるようになっている専用CDケースです。

●修了証
全てのテストを提出して講座を完走した人に授与される証書です。




「奪取550点 TOEIC(R)テスト 解答テクニック講座」の詳細

●この講座の特長

(1)550点突破のための36個の“決めワザ”の習得
TOEIC対策には英語力を上げるだけでなく解答するテクニックを身につけておくことが必須です。
「奪取550点 TOEIC(R)テスト 解答テクニック講座」では550点をクリアするための36の“決めワザ”を習得します。テキストは点数が上げやすいパート順に学習する構成になっているので確実に点数を稼げる得意パートを増やせます。

(2)問題演習で“決めワザ”が定着
解答テクニックを頭で理解しても、実際に使いこなすためにはきちんとした問題での練習が必要です。この講座では本番さながらの問題を解いて“決めワザ”を体に覚えさせるようになっています。
「ウィークリーレビュー」などで実戦練習を積んで、本番の試験で解答テクニックを充分に発揮できるように鍛えられます。この講座の総仕上げの「ファイナルテスト」では本番のテストと同じ出題形式の200問のテストに挑戦します。

(3)別冊「RW」でスキマ時間も学習が充実
別冊「RW」は小型のテキストなので持ち運びに便利。いつでも持ち歩くことでちょっとした空き時間でも効率よく学習することができるのです。QRコードで携帯電話に音声をダウンロードも可能です(対応機種のみ。パケット料金がかかります)。
パート4,7の対策として長文を12本分収録してあるので目と耳を鍛えることが出来ます。他にもTOEIC頻出の192語も入っています。


●「奪取550点 TOEIC(R)テスト 解答テクニック講座」の感想

「教材の中身を見る・聞く」から教材の一部を体験してみました。

スコアを上げるために必要な“決めワザ”を身につけることが狙いの講座なので、まさにそのことに専念できる形をとってあります。550点、テクニックというと何か教えてもらうだけですぐにスコアアップできそうな一種の魔法のようなことを期待してしまいそうですが、しっかりと練習問題を解いていく形をとってあるのでかなり努力の要る講座だということが分かりました。

受講期間が3ヶ月間という比較的短い期間で550点というスコアを獲得するための学習がしっかり出来そうな講座です。テキストだけではなく別冊「RW」も文章も本格的でちょっと驚きでした。

1日の学習量が思ったより多かったので慣れるまで結構大変かもしれない、と感じました。TOEICの問題は解いた後にしっかりと解説を見て理解して繰り返すことが重要だと思うので学習時間がかなりかかるはずです。標準学習時間は1日30分となっていますが、さっとこなしても30分では足らないのではないかと感じてしまいました。
ただ時間をしっかりとかけて毎日続けていけばTOEICスコア550点突破の実力は確実につくのではないでしょうか。あれだけ練習すれば、という自信もつくと思います。
構成も内容も地味なので軽い気持ちでは続けていくのはかなり辛い講座のはずです。でも真剣に550点を突破したい学習者の方には強い味方になってくれる講座です。短期間で550点をクリアしたい方には解答テクニックを磨いて身につけておくのは大きな武器になるはずです。

試してみて
「奪取550点 TOEIC(R)テスト 解答テクニック講座」の良いと思った点は

・36もの“決めワザ”を学習できる。

学習できるというのは理解して練習をすることによって覚えることができる、ということです。
以前にTOEICを受験したことの無い知人に「TOEICは裏技を覚えれば簡単に高得点を取れるんだってね」と言われたことがありました。高得点というのはどの程度のことなのか、裏技とはどんなことなのかは聞かなかった(その人も分かっていないので)のですが、実際はなかなか簡単にはいかないものだと思います。私が最初に覚えた裏技(?)はナレーションの間に質問文と選択肢の英文をざっと読んでおく、というものでした。でも、もしこれを初中級レベルの時に使ったとしても私だったらとても目を通しきれずにあまりスコアアップにつながらなかったと思います。
ワザもレベルにあったワザがあってそれを使いこなせてはじめて役に立つのではないでしょうか。
この講座では550点突破を目指している学習者の方にあったワザが獲得できる、ところが魅力だと思います。

「奪取550点 TOEIC(R)テスト 解答テクニック講座」のここがちょっと気になると思った点は

・一日に学習する分量が多いような気がする

別に多いのが悪いわけではないのですが(どんどんこなしていきたい人にはむしろ良い点です)、続けていくという点を考えると大きな問題になってきます。続けやすさもある程度は大事だと思うので。
他の講座と同様に一見そんなに分量は多く見えませんが、“決めワザ”をきちんと身につけるにはその日その日の学習でしっかりと繰り返して聴いたり、声に出したりという地味な練習が必須です。これは思った以上に時間がかかるものなのです。お試しページを見る限りではそんなに息抜きのできるコーナーやコラムもありませんでしたので少し圧迫感がありました。
うまく進めなくて遅れてきた時などに取り戻すのが結構大変な講座だと思います。
始めるには絶対にやり遂げるぞ、という気合のようなものが必要かもしれません。
アルクの通信講座はどの講座も続けようという気持ちが大事なのですが、この講座は特に必要な講座の一つのように感じました。
やり遂げることが出来たらかなり力がついている、とも言えますが。

教材のほんの一部ですが「教材の中身を見る・聞く」から「奪取550点 TOEIC(R)テスト 解答テクニック講座」を体験してみましょう。ページ中段やや下あたりにリンクがあります。


スペースアルクの「奪取550点 TOEIC(R)テスト 解答テクニック講座」のページへジャンプします。


スポンサードリンク