アルクの英語などの通信講座を管理人が受講してみて、感じたことと体験談をまじえて紹介しています。

スペースアルク的通信講座de Make it!/アルクの体験記 > NHKテレビ講座 > テレビ講座のよいところ

NHKテレビ講座

テレビ講座のよいところ


スポンサードリンク




ラジオ講座と同様にNHKテレビ講座もバラエティにとんでいて見る側にはありがたいですよね。
NHKテレビ講座の魅力ってどんなところなのでしょう。私から見て良いところだと思うのはこんなところです・・・

1.ラジオ講座と違い進み方がゆっくりで初心者の学習者でもついていきやすい

テレビ講座は映像があるのでとっつきやすいとおもいます。
映像があるのでちょっとした授業感覚で観ることができますし、講師の人が丁寧に比較的ゆっくりと説明してくれるので学習を始めたばかりの人でも挫折しにくいです。
放送のペースも週に一回20分から30分の放送(一部講座は例外です)なのでペースが速すぎるということもないはずです。
ゆっくりと基礎の基礎を学びたい人には最適だと思います。


2.娯楽的な話題も入っているので楽しく観ることができる

NHKテレビ講座は学習項目だけをこなすのではなく、趣味の部分をくすぐる娯楽の部分にも触れているので気楽に観ることができて楽しめる番組になっています。娯楽の部分で興味をつないで続ける原動力にすることもできますから、ラジオ講座にはないテレビ講座ならではの魅力だと思います。
私も、テレビドラマの話題やスターのインタビューなどは原語で理解できなくてもいつも楽しみにしています(中国語会話が特に楽しみです)。
学習という意識はあまりなくて娯楽番組のような感じで観ています。定期的に観ていると関心が薄れることがありません。語学力の進歩という観点から見ると、テレビ講座はあまり意味がないような気がするかもしれません。しかし、語学学習は続けていれば時間はかかっても上達の可能性は残されているといえるのではないでしょうか。そう考えるとテレビ講座は語学に対する気持ちをつないでくれる意味で貴重な講座だと言えると思います。
みなさんもちょっとでも興味があるならテキストなしでもかまわないので、一回気になる講座を覗いてみてください。毎週続けていけるようになったらもうけものです。

3.テキストも娯楽の要素が多いので読み物感覚で楽しめる

進度がゆっくりしているのでテキストも余白、イラスト、写真などが多くて視覚的にもストレスがないため気楽に進めていくことができます。内容も文化的なことからエンターテイメント、雑学まで様々なのでテキストを読んでいくだけでもけっこう楽しめます。放送と同様に語学学習というよりも趣味的な感じで読んで関心をつないでいくのにうってつけだと思います。

NHKの講座を使って語学学習を始めたいけどラジオ講座は毎日あるしとてもついていけない、レベルが合わない、からやっぱりやめておこうと思ったら、ぜひテレビ講座を観てください。半年、一年と続けると基本中の基本は身につくし、雑学はラジオ講座以上に知っていることになるはずです。そこからラジオ講座に移行していくというやり方もあります。
とりあえず気楽に始めてみませんか。きっと未来につながっているはずです。


スポンサードリンク